国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の科学技術コミュニケーション推進事業ネットワーク形成型にNPOあいんしゅたいんが中心となって推進する「市民と科学者を結ぶ放射線コミュニケーションのネットワーク基盤構築」が採択されました。
NPOあいんしゅたいん
お問い合わせ    JST
市民と科学者の放射線コミュニケーションネットワーク
    人数把握のため、勉強会に参加ご希望の方はお問い合わせよりご連絡ください。
    人数が多くなると会場を変更する可能性があります。

    ホームへ戻る
    勉強会のお知らせページに戻る

  1. 第6回勉強会概要

  2. 話題概要
  3.   現在の福島県の状況を知るにあたって、過去の事例であるチェルノブイリ原発事故での調査内容は非常に気になるところです。どこまでのことがチェルノブイリで判明しているのか、またその知見と経験が今回の福島県にはどの程度適応することができるのかといったことも含めて、チェルノブイリでの事故とその後の状況を知っておくことは重要でしょう。今回は長年チェルノブイリ原発事故の調査に携わってこられた今中先生に、原子炉の特徴から、事故影響の社会的側面まで包括的に、チェルノブイリ原発事故の全容についてお話いただきます。



    文責:廣田
    勉強会のお知らせページに戻る

市民と科学者の放射線コミュニケーションネットワーク